HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

ホーキング博士
(英: Stephen William Hawking)

 

 スティーヴン・ウィリアム・ホーキング は、イギリスの理論物理学者です。通常は単に親しみを込めて〔ホーキング博士〕と呼ばれています。

 若い時代に発症した〔ALS:筋萎縮性側索硬化症〕という疾患のために、身体が不自由で「車椅子の物理学者」としても知られています。彼は、一般相対性理論に関わる分野での理論的研究が専門で、多くの理論的成果を発表しています。




 1963年には、ロジャー・ペンローズと共に〔ブラックホールの特異点定理〕を発表して、その名を世界的に知らしめました。ブラックホールには、一般相対性理論が破綻する特異点が存在するという定理です。

 1971年に、宇宙創成直後には小さなブラックホールが多数発生するとしています。

 1974年には、一般相対性理論と量子力学を結びつけた量子重力論を発表し、量子宇宙論という理論分野を創出して、現代宇宙論の進化に大きく貢献しました。これは、いわゆる〔ホーキング放射〕の理論で、ブラックホールは素粒子を放出し続けることで衰退し、やがて爆発して消滅する、という理論です。


 ホーキング博士のもう一つの成果は、「時間順序保護仮説」の提唱であり、タイムトラベルは不可能であるとするものです。過去に移動するには無限大のエネルギーが必要だからです。

 ところで、ALS疾患では、一旦進行が始まると通常数年程度で死に至ることが多いのですが、ホーキング博士の場合には、進行が弱まり、発症から50年以上経過した現在でも、声を失うなど不自由があるものの、立派に宇宙論研究を続けています。ALSは筋肉には損傷を与えますが、頭脳は筋肉ではないので、精神活動は健全なのです。

 彼は日常生活や研究活動において、意思伝達の方法として、コンピュータ支援による〔重度障害者用意思伝達装置〕を用いています。研究発表などでのスピーチや日常会話は合成音声で行います。

 理論宇宙論は極めて難解な学問分野ですが、彼は一般人にも分かりやすい解説書などを多数著わしていて、各国語に翻訳されています。


偉人のプロフィール

〔ホーキング〕のプロフィール。

〔ホーキング〕

ホーキングの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 ホーキング、ホーキング博士
本名 スティーヴン・ホーキング(Stephen William Hawking)
別名

称号 大英帝国勲章(CBE)受勲
時代 20世紀後半 ~ 21世紀現在
生誕 1942年1月8日
死没 2018年3月14日(満76歳没)
国籍 イギリス
言語 英語。現在はコンピュータ支援機器による音声発生。
出身地 イギリス:オックスフォード
居住地 イギリス
学歴 オックスフォード大学(学部)・ケンブリッジ大学(大学院)
職業 天体物理学者・宇宙論学者・理論物理学者
分野 〔研究分野〕:物理学・理論物理学・天体物理学・宇宙論
所属 〔研究機関〕:ケンブリッジ大学
業績 〔主な業績〕

特異点定理  ロジャー・ペンローズと共に、一般相対性理論が破綻する特異点が存在することを証明した。

量子重力論  一般相対性理論と量子力学を結びつけた量子重力論を提示した。量子効果によってブラックホールから粒子が逃げ出すとするホーキング放射理論です。

時間順序保護仮説  〔時間順序保護仮説〕を提唱し、過去への移動には、無限大のエネルギーが必要となることから、タイムトラベルが不可能であるとした。


作品  『ホーキング、宇宙を語る』
 『ホーキング、自らを語る』
 『宇宙の誕生・ビッグバンへの旅』
 『ホーキング、宇宙と人間を語る』
 『宇宙に秘められた謎』
 『宇宙への秘密の鍵』
 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』
 『ホーキング、未来を語る』
 『ホーキングペンローズが語る時空の本質』

名言 〔ホーキング博士の名言〕



サイト
その他

 SF(サイエンスフィクション)を愛好し、アメリカのSFTVドラマ『新スタートレック』に本人のホログラムイメージ役で出演したとのことです。

 また、アニメ『フューチュラマ』の劇場版にも出演しています。



偉人の名言

〔ホーキング博士〕の残した名言。

天才ホーキング博士
ホーキング博士の主張
時間順序保護仮説

 時間順序保護仮説が存在するとして、過去に戻るタイムマシーンなど存在しないと主張する。

 その証拠として、そんなことがもしも可能なら、我々の時代に未来から観光客が押し寄せる筈だ。しかし、未来からの客など一度も訪れたためしがない。

 また、こうも言っている。将来、タイムマシンが実現するかどうかを「私は誰とも賭けないだろう」

宇宙人との接触

 アメリカのTVディスカバリー番組で、アメリカ大陸に到着したコロンブスの話題をとりあげたことがあった。

 資源を使い切ったコロンブスが到達したことで、アメリカ先住民は征服されてしまった。

 同様に、もしも宇宙人が人類と接触するなら、人類にとってよい結果をもたらす筈はない。宇宙人との接触など試みるべきではない、と主張しました。

宇宙誕生に神は必要ない

 彼の著作 『ホーキング、宇宙と人間を語る』 において、量子力学と重力の理論の組み合わせから得られる結論として、偶然に一致するように見える現象は、想像主なしで説明できるとし、宇宙誕生に神は不要と主張しました。

 この主張は、宗教界から批判を浴びたことはいうまでもありません。

死後の世界はない

 人間の脳は、部品が壊れたなら機能を止めてしまうコンピュータと同じだ、と主張しました。

 壊れたコンピュータにとって、天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人の架空のお伽噺だ、と述べています。

 彼は宗教界とは一線を画しているいるようです。