HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

ホイヘンス
(Christiaan Huygens)

 


 クリスティアーン・ホイヘンスは、ハーグに生まれのオランダの数学者、物理学者、天文学者である。数学と法律を学んでライデン大学を卒業した。後に物理学を研究し、早くから曲線の求積などで数学の才能を発揮した。

 1655年3月2日、自作の倍率50倍の望遠鏡で土星の衛星タイタンを発見した。さらにこの年のうち焦点距離7mの望遠鏡を製作し土星に付属する奇妙なものが環であると解明した。




 1656年には、長さ37mの空気望遠鏡により土星の環の形状を確認した。またオリオン大星雲を独立発見してスケッチを残し、これが最初のオリオン大星雲のスケッチとなった。

 1675年には、ヒゲゼンマイのついたテンプ時計を製作、これが一般に「世界初の実用的な機械式時計」と言われている。1675年、世界で初めて火薬を使った往復型のエンジンを発明している。


 かくして、ホイヘンスの主な業績には、タイタンの発見、土星の環の解明、遠心力、衝突、振り子時計、ホイヘンス=フレネルの原理、波動、複屈折、縮閉線、31平均律などがあり、後世の科学に多大は影響を与えた。かつてオランダの25ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。(出典:ウイキペディア)


偉人のプロフィール

〔ホイヘンス〕のプロフィール。

〔ホイヘンス〕

ホイヘンスの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 〔通称〕


本名 〔本名〕


別名
受賞歴
時代
生誕 〔生誕〕
〔生誕地〕

死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業 〔職業〕


分野
所属
業績
作品
名言 〔ホイヘンスの名言〕



サイト
その他