HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
 

信号様式GIFアニメ アマゾン 信号様式GIFアニメ

 

〔世界の偉人〕

ファラデー
(英: Michael Faraday)

 

 マイケル・ファラデーは、イギリスの化学者・物理学者である。彼は高等教育を受けていないために、高度な数学もほとんど知らなかったが、電磁気学および電気化学の分野で、史上最も人類の進化に影響を及ぼした科学者の1人とされている。

 直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立した。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させることとなる。

 同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見した。また、磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした。


 電磁気を利用して回転する装置(電動機)を発明し、その後の電動機技術の基礎を築いた。それだけでなく電気を使ったテクノロジー全般が彼の業績から発展したといっても過言ではない。



 化学者としてもベンゼンを発見し、塩素の包接水和物を研究して、原始的な形のブンゼンバーナーを発明して、酸化数の体系を提案した。アノード、カソード、電極、イオンなどの用語はファラデーが一般化させた。

 磁束の変化の割合と誘導起電力は比例するというファラデーの電磁誘導の法則で知られる。静電容量のSI単位「ファラッド (F)」はファラデーに因んでいる。また、1モルの電子の電荷に相当するファラデー定数にも名を残している。


 ファラデーは信心深い人物で、1730年に創設されたキリスト教徒の一派であるサンデマン派(グラス派)に属していた。伝記作者は「神と自然の強い一体感がファラデーの生涯と仕事に影響している」と記しているという。(出典:ウイキペディア)


偉人のプロフィール

〔ファラデー〕のプロフィール。

〔ファラデー〕

ファラデーの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 〔通称〕


本名 〔本名〕


別名
受賞歴
時代
生誕 〔生誕〕
〔生誕地〕

死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業 〔職業〕


分野
所属
業績
作品
名言 〔ファラデーの名言〕



サイト
その他