HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
 

信号様式GIFアニメ アマゾン 信号様式GIFアニメ

 

〔世界の偉人〕

ミレー
(仏: Jean-Francois Millet)

 

 ジャン=フランソワ・ミレーは、19世紀のフランスの画家である。ミレーは、1814年、ノルマンディー地方マンシュ県の海辺にあるグリュシーという小さな村に、8人兄弟の長男として生まれた。

 パリの南方約60kmにある、フォンテーヌブローの森のはずれのバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家たちを、今日「バルビゾン派」と称している。ミレーはその代表的画家のひとりである。




 バルビゾン派の中でも、ミレーは、大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いた。

 ミレーは、19歳の時、グリュシーから十数km離れたシェルブールの街で絵の修業を始めた。1837年、22歳の年にパリへ出て、当時のアカデミスムの巨匠であったポール・ドラローシュに師事して、デッサンや模写のほか、聖書や神話など画題となる古典文学なども学ぶ。


 26歳の時、肖像画がサロン(官展)に初入選する。奨学金が停止されていたため生活に困窮し、肖像画や裸体画や神話画などを多く手がけている。

 1841年に最初の結婚をしパリに住むが、妻は3年後には肺結核で病死する。1849年には、パリにおけるコレラ流行したため、ミレーはバルビゾンへ移住し、以後同地で制作を続けた。

 この頃から、共和国政府からの依頼もあり、ようやく生活が安定し、農民画に専念するようになる。1850年には、有名は『種まく人』をサロンへ出品する。その後も『晩鐘』『落穂拾い』などの代表的農民画を描く。

 ミレーの代表作には、次のものなどがある。

 『落穂拾い』
 『種まく人』
 『晩鐘』
 『春』
 『春』
 『古い塀』
 『グレヴィルの断崖』


偉人のプロフィール

〔ミレー〕のプロフィール。

〔ミレー〕

ミレーの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 〔通称〕


本名 〔本名〕


別名
受賞歴
時代
生誕 〔生誕〕
〔生誕地〕

死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業 〔職業〕


分野
所属
業績
作品
名言 〔ミレーの名言〕



サイト
その他