HOME 世界の偉人館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
日本の偉人世界の偉人分野別偉人国別偉人人気順偉人
世界の変革世界の賞偉人の名言何もない空白何もない空白

〔最澄〕

あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
さしすせそ
 
〔さ〕で始まる日本の偉人
サトウハチロー 佐久間象山
佐藤栄作 佐藤春夫
佐藤勝彦 最澄
坂口安吾 坂口謹一郎
坂上田村麻呂 坂田昌一
坂本竜馬 坂本冬美
真田幸村 西園寺公望
西郷隆盛 西条八十
斉藤茂吉

最澄

最澄の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

 最澄は、近江国滋賀郡古市郷生れの平安時代の僧で、日本の天台宗の開祖である。
 真偽のほどは確たる証拠がないが、最澄の先祖は古代中国より、応神天皇の時代に日本に渡来したいわれ、後漢孝献帝に連なる登萬貴王(とまきおう)と称される人物とされている。

 最澄は、宝亀9年(778年)、12歳で近江国分寺で出家して行表の弟子となり、14歳のとき最澄と名乗るようになった。22歳で薬師如来を本尊とする草庵、一乗止観院を建立する。804年、中国明州に留学し天台教学、禅、密教を学ぶ。806年、日本の天台宗を開宗する。


偉人のプロフィール
プロフィール
通称名
本名
別名
称号
時代
生誕・生誕地
死没・死没地
国籍
言語
居住地
最終学歴
職業
ジャンル
所属
業績
処女作
代表作
受賞歴
名言
公式サイト
その他

ページのトップへ戻る

アマゾン商品

日本人のこころの言葉 最澄
知っておきたい日本の名僧 (角川ソフィア文庫)
歴史絵本 伝教大師最澄―一隅を照す是れ国宝
週刊 古寺を巡る 10 延暦寺 最澄が開いた天台宗の聖地 (小学館ウイークリーブック)
伝教大師最澄の寺を歩く―比叡山延暦寺を中心に、最澄ゆかりの地へ (楽学ブックス―古寺巡礼―古寺巡礼)

ページのトップへ戻る