HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

ヘルマン・ヘッセ
(Hermann Karl Hesse)

 

 ヘルマン・ヘッセは、ドイツの作家で、主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者である。

 南ドイツの風物のなかで、穏やかな人間の生き方を画いた作品が多い。また、ヘッセは、風景や蝶々などの水彩画もよくしたため、自身の絵を添えた詩文集も刊行している。

 1946年、彼は、『ガラス玉演戯』などの作品が評価され、ノーベル文学賞を受賞した。




 彼の主な作品には次のものがある。(出典:ウイキペディア)

 『郷愁』
 『車輪の下』
 『春の嵐』
 『クジャクヤママユ』
 『クヌルプ(漂泊の魂)』
 『青春は美わし Schon 』
 『デミアン』
 『メルヒェン』
 『シッダールタ』
 『荒野のおおかみ』
 『知と愛(ナルチスとゴルトムント)』
 『少年の日の思い出』
 『ガラス玉演戯』



偉人のプロフィール

〔ヘルマン・ヘッセ〕のプロフィール。

〔ヘルマン・ヘッセ〕

ヘルマン・ヘッセの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 〔通称〕


本名 〔本名〕


別名
受賞歴
時代
生誕 〔生誕〕
〔生誕地〕

死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業 〔職業〕


分野
所属
業績
作品
名言 〔ヘルマン・ヘッセの名言〕



サイト
その他