HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔オランダの偉人〕
 



国別世界の偉人リスト

〔オランダの偉人〕の紹介リスト。

ヨハネス・フェルメール

 ヨハネス・フェルメールは、現在のオランダ、ネーデルラント連邦共和国の画家で、バロック期を代表する画家のひとりである。

 彼の描く絵画は、映像のような写実的表現と綿密な空間構成を駆使して描かれ、その上に巧みな光の表現による質感を持たせることを特徴としている。

フェルメールは、バロック絵画を代表する画家のひとりとされる。また、レンブラントに並ぶ、17世紀オランダ黄金時代の代表画家である。

 代表作には、『真珠の耳飾り』『マリアとマルタの家のキリスト』『取り持ち女』『牛乳を注ぐ少女』『デルフト眺望』『恋文』等がある。

カイパー

 カイパーことジェラルド・ピーター・カイパーは、オランダおよびアメリカ合衆国の天文学者である。

 1906年、オランダ・北ホラント州ハーレンカルスペルで生まれ、ライデン大学に進み、そこでの連星の研究で博士号を取得した。

 1933年にアメリカ合衆国に移住してリック天文台のロバート・グラント・エイトケンの元でフェローとなった。

ゴッホ

 ゴッホは、オランダ出身のポスト印象派(後期印象派)の画家である。

 彼の作品は、大胆な色使い、感情の率直な表現に特徴があり、ポスト印象派の代表的画家として知られる。

 主要な作品の多くは、1886年以降のフランス居住時代に制作されたが、中でもアルル時代とサン=レミの精神病院療養時代に制作された作品が多い。

 彼の画法は、後のフォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を与えた。

 ゴッホの代表作には『ジャガイモを食べる人々』『タンギー爺さん』『ひまわり』『星月夜』など多数がある。

スピノザ

 スピノザは、17世紀のオランダの哲学者である。デカルトやライプニッツと並ぶ合理主義哲学者として有名で、その哲学体系は代表的な汎神論とされ、ドイツ観念論や現代思想へ強大な影響を与えた。

 スピノザの汎神論は、新プラトン主義的な一元論でもあり、後世の無神論や唯物論に強い影響を与えた。

 著作に、『知性改善論』や『デカルトの哲学原理』『形而上学的思想』『神学・政治論』『国家論』『エチカ』などがある。

ホイヘンス

 ホイヘンスは、オランダの数学者、物理学者、天文学者である。1655年3月2日、自作の倍率50倍の望遠鏡で土星の衛星タイタンを発見した。土星に付属する奇妙なものが環であると解明した。

 1656年には、長さ37mの空気望遠鏡により土星の環の形状を確認した。またオリオン大星雲を独立発見してスケッチを残し、これが最初のオリオン大星雲のスケッチとなった。

 ホイヘンスの主な業績には、タイタンの発見、土星の環の解明、遠心力、衝突、振り子時計、ホイヘンス=フレネルの原理、波動、複屈折、縮閉線、31平均律などがあり、後世の科学に多大は影響を与えた。

ヤン・オールト

 ヤン・オールトは、オランダの天文学者・天体物理学者である。

 恒星の運動を統計的に解析して、銀河系の恒星が地球から見て、射手座方向にある一点を中心に公転していることを発見した。

 電波望遠鏡を用いて、銀河系が渦巻き構造をしていることを示した。

 また、太陽系に到来する長周期彗星の起源として、太陽系を球殻状に取り巻く、いわゆる〔オールトの雲〕が存在することを提唱した。