HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔ポーランドの偉人〕
 



国別世界の偉人リスト

〔ポーランドの偉人〕の紹介リスト。

キュリー夫人

 キュリー夫人は、現在のポーランド(ポーランド立憲王国)ワルシャワ生まれの物理学者・化学者である。

 彼女のフランス語名は〔マリー・キュリー〕で、通称キュリー夫人として有名である。

 放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞している。放射性元素のラジウム、ポロニウムを発見し、「放射能」という言葉を初めて用いた。

コペルニクス

 ニコラウス・コペルニクスは、ポーランド出身の天文学者でありカトリック司祭です。

 彼は、当時主流だった地球中心説に対して、太陽中心説を唱えました。

 太陽中心説=地動説は、天文学史上で最も重要な再発見とされています。

ショパン

 ショパンは、1810年3月1日、ワルシャワ公国のジェラゾヴァ・ヴォラで生まれた、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。またピアノの名手であり、「ピアノの詩人」とも称された。

 作品の多くはピアノ独奏曲で、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによって、ピアノの表現形式の新たな分野をひらいた。

 彼の作曲したノクターンやワルツなどのピアノ曲は、クラシック音楽ファン以外の一般人にもよく知られている。