HOME 世界の偉人館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報
 
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
かきくけこ
 
〔か〕で始まる日本の偉人

春日八郎 加藤大治郎
河鍋暁斎 蟹江一太郎
柿本人麻呂 角川春樹
葛飾北斎 鎌田實
鴨長明 勝海舟
川合玉堂 川端康成
梶田隆章
桂小五郎(木戸孝允)

〔加藤大治郎〕

 加藤大治郎は、埼玉県浦和市出身のオートバイロードレースレーサーである。

 愛称の「大ちゃん」「大治郎」で知られる。15歳でバイクレーサー・サーキートレーサーとしてデビューし、チーム〔ホンダ〕に属し、ホンダのオートバイで活躍するようになる。

加藤大治郎の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

 九州選手権など多くのロードレースでGPチャンピオンなどを獲得した。最終勝利は2001年のブラジルGPだった。



偉人のプロフィール

プロフィール
通称 加藤大治郎(かとう だいじろう)
本名 加藤大治郎(かとう だいじろう)
別名

〔愛称〕加藤くん・大ちゃん・大治郎くん・大治郎

受賞歴

時代

平成時代

生誕

〔生誕〕1976年7月4日
〔生誕地〕埼玉県浦和市出身(現さいたま市

死没

〔死没〕2003年4月20日(26歳)
〔死没地〕三重県四日市市
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

オートバイロードレースレーサー。

分野

〔活動分野〕
・オートバイレース

所属

〔チーム〕ホンダ

業績

〔レース経歴〕
・ロードレース世界選手権
・活動期間:1995年 - 2003年
・初レース:1995年 日本GP 250cc
・最終レース:2003年 日本GP MotoGP
・初勝利:1997年 日本GP 250cc
・最終勝利:2001年 ブラジルGP 250cc

〔チャンピオン〕2001年 - 250cc

作品

受賞歴

〔主な受賞歴〕
・文部科学省 スポーツ功労者顕彰(2001年)

名言

〔@@@の名言〕

・レースをしたというよりも、風と戦っていたようなものですね。

・鈴鹿は知り尽くしているというか、来すぎているから、何か緊張感がない。

・自信ある?と聞かれれば、いいえって感じだし、不安は?と聞かれても、それも答えは同じです。始まってみないとどうなるか全然わからないんですよ。

・毎週レースがあるっていうのも、それはそれでリズムがあっていいと思うし、4連戦でも5連戦でもオッケイですよ。

・どこのサーキットでも、どんなコンディションでも、RC211Vのパワーを十分に生かせるような自分のセッティングを見つけたい。そうしないと、勝負にならないですからね。

・スポット参戦していたころはやはり、どうしても勝ちたいと思っていた。その気持ちは今も変わらないけど、今よりもずっとずっと強かったような気がする。だから今年はそのころの気持ちに戻ってレースウイークを戦いたいなと思っている。

・鈴鹿が開幕戦というのは、日本人にとってはアドバンテージになるんじゃないかってよく言われるけど、僕はシーズンの途中にあった方がいいかなって思う。

・夢は日本人初のMotoGPチャンピオン獲得、今年はとりあえず一勝することが目標です。

サイト

その他


ページのトップへ戻る


今日の運勢館おすすめおみくじ占い館

アマゾン商品


2001グランプリ 250cc世界選手権コンプリートセット 加藤大治郎チャンピオン獲得の軌跡 [DVD]
いつかA列車に乗って 2003年映画パンフレット 津川雅彦 加藤大治郎 真矢みき 小林桂樹 栗山千明
1/12 2001 Honda NSR250チーム テレフォニカ モビスター ホンダ (2001 WGP250チャンピオン加藤 大治郎) (BK2)

ページのトップへ戻る