HOME 今日の運勢館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報
 
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
さしすせそ
 
〔さ〕で始まる世界の偉人

サーゲイ・ブリン
ザッカーバーグ
サッチャー
サド
サハロフ
ザビエル
サマセット・モーム
サミュエルソン
サモスのコノン
サルトル
サリヴァン先生
三蔵法師(玄奘三蔵)

〔さ〕で始まる世界の偉人

 〔さ〕で始まる世界の偉人には、後世の世界に多大な影響を与えた多くの人たちがいます。

 ・サーゲイ・ブリン
 ・サッチャー
 ・サド
 ・サハロフ
 ・サマセット・モーム
 ・サモスのコノン
 ・サルトル

 サーゲイ・ブリンは、モスクワ生まれで、幼少時にアメリカに移住した東欧系ユダヤ人です。スタンフォード大学時代にインターネットに関心を持ち、膨大なデータ集合から関連した情報を検索するシステムの作成を目指し、友人のラリー・ペイジと共に1998年にグーグル社(Google社)を設立しました。現在、グーグルは世界一の検索エンジンとなり、ネット世界で君臨しています。

 サハロフは、ソビエト連邦の理論物理学者で、ソ連における水爆開発に携わり「ソ連水爆の父」と呼ばれました。しかし、後半生はソ連の改革を唱える反体制運動家として活躍し、「ペレストロイカの父」とも呼ばれました。

 サマセット・モームは、フランス、パリ生まれのイギリスの小説家、劇作家です。10歳で虎児となりイギリスに渡り、第一次世界大戦では軍医、諜報部員として従軍しました。その後、絶妙な物語展開で綴る人気作家となり『月と六ペンス』や『人間の絆』『お菓子とビール』などの作品を残しました。

 サモスのコノンは、イオニアのサモス生まれの紀元前のギリシャの天文学者であり数学者です。イタリアなどで天体観測を行い、エジプトでの日食の記録を集めたとされています。「かみのけ座(ペレニケの髪)」を創ったエピソードで知られています。



〔さ〕で始まる偉人概要


サーゲイ・ブリン

 サーゲイ・ブリンは、モスクワ生まれで、幼少時にアメリカに移住した東欧系ユダヤ人である。

 スタンフォード大学時代にインターネットに関心を持ち、膨大なデータ集合から関連した情報を検索するシステムの作成を目指した。

 友人のラリー・ペイジと共に1998年にグーグル社(Google社)を設立した。

 現在、グーグルは世界一の検索エンジンとなり、ネット世界で君臨している。


ザッカーバーグ

 ザッカーバーグは、アメリカ合衆国のプログラマーであり、実業家であり、2010年のTime誌「Person Of The Year」に選ばれた。

 彼は、ハーバード大学在籍中に、アンドリュー・マッコラム、ダスティン・モスコヴィッツやクリス・ヒューズなど友人たちの協力も得ながら、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト)「Facebook」を創設した。2016年現在、彼はFacebookのCEOに就いている。


サッチャー

 サッチャーは、1925年10月13日、イギリスのリンカンシャー州グランサムで生まれた。生家は代々敬虔なメソジストの信徒で、「質素倹約」「自己責任・自助努力」の精神を家訓とし、サッチャーもそれを色濃く受け継いでいた。

 彼女は、オックスフォード大学では化学を学び、1947年に卒業した。大学時代にフリードリヒ・ハイエクの経済学に傾倒し、そのとき学んだ経済学に関する思想や知識が後の新自由主義(ネオ・リベラリズム)的な経済改革、いわゆるサッチャリズムの基礎となった。


サド

 サドは、フランス革命期の貴族、小説家で、フルネームはマルキ・ド・サドである。

 サドの書く小説は、極めて暴力的なポルノグラフィーを含み、法律や道徳や宗教などの一切の制約を受けることがない。その作品は、人間個人の肉体的快楽を徹底的に追及し、放蕩ともいえる。

 彼は、虐待と放蕩の故に、パリの刑務所や精神病院をはじめ、数十年のあいだ多くの牢獄や病院で過ごした。サドの作品の多くは獄中で書かれている。彼は「サディズム」という言葉にその名を残している。


サハロフ

 サハロフは、ソビエト連邦の理論物理学者・物理学博士であり、宇宙論や素粒子論において国際的な業績をあげた。

 ソ連における水素爆弾開発に携わり、「ソ連水爆の父」と呼ばれた。しかし、後に自らの良心に基づいて、反体制運動家・人権活動家として活動した。

 人権、市民的自由、ソ連の改革などを主張し、「ペレストロイカの父」とも呼ばれる。


ザビエル

 ザビエルは、ナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭、宣教師である。

 彼は、イエズス会の創設メンバーの1人で、日本に初めてキリスト教を伝道したことで知られる。

 日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロ以上に多くの人々をキリスト教の信仰に導いたとされる。カトリック教会の聖人で、記念日は12月3日である。


サマセット・モーム

 サマセット・モームは、フランス パリ生まれのイギリスの小説家、劇作家である。彼は、10歳で孤児となり、イギリスに渡った。

 医師であり、第一次世界大戦では軍医、諜報部員として従軍している。1919年に発表した『月と六ペンス』で一躍、人気作家となった。

 代表作には『月と六ペンス』の他に、『人間の絆』『お菓子とビール』『手紙』や『シェピー』『報いられたもの』『聖なる炎』などがあり、短編に「雨」「赤毛」、戯曲「おえら方」などがある。


サミュエルソン

 サミュエルソンは、アメリカの経済学者である。

 彼は、顕示選好の弱公理、ストルパー=サミュエルソンの定理、サミュエルソン=ヒックスの乗数・加速度モデル、バーグソン=サミュエルソン型社会厚生関数、新古典派総合などの経済理論で知られる。

 ジョン・ベイツ・クラーク賞やアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞、アメリカ国家科学賞などを受賞している。


サモスのコノン

 サモスのコノンは、紀元前280年頃~紀元前220年頃に存在した、ギリシャの天文学者・数学者で、イオニアのサモスに生まれ、プトレマイオス朝のアレキサンドリアで没したとされる。

 有名な、かみのけ座を作ったエピソードで知られる。

 彼は、イタリアやシシリアで天体観測を行い、後にプトレマイオス朝のファラオ プトレマイオス3世エウエルゲテス1世の宮廷天文学者を務めた。ユリウス・クラウディウス朝時代のローマ帝国の政治家・哲学者・詩人である、セネカの著作によれば、エジプトの日食記録を集めたとされる。


サルトル

 サルトルは、フランスの哲学者・小説家・劇作家である。強度の斜視があり、1973年には右目を失明している。

 内縁の妻、シモーヌ・ド・ボーヴォワールとは、結婚関係を維持しつつお互いの自由恋愛を保障するという前衛的な、契約結婚を結び、〔サルトルとボーボワールの関係〕などと呼ばれた。

 サルトルには非常に多くの哲学著作や小説、戯曲などがあるが、代表作には『水いらず』『嘔吐』『存在と無』などがある。


サリヴァン先生

 サリヴァン先生は、三重苦を患ったヘレン・ケラーの家庭教師で、通称は「アニー」で、日本では「サリバン先生」の名でも呼ばれている。

 ヘレン・ケラーは彼女のおかげで、目、耳、声の三重の身体障害を克服した偉人である。サリヴァン先生は、真の意味で「奇跡の人」である。


今日の運勢館おすすめおみくじ占い館


アマゾン商品


ソルジェニーツィンとサハロフ
ジャズで踊ってリキュルで更けて―昭和不良伝 西条八十
坂本龍馬 明治維新につくした志士 (学習漫画 日本の伝記)
坂田昌一 コペンハーゲン日記: ボーアとアンデルセンの国で
グーグルが描く未来 二人の天才経営者は何を目指しているのか?

ページのトップへ戻る