HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔分野別偉人〕

美術家

 

 美術家とは、彫刻や絵画、美術工芸品などの芸術作品の創作を仕事とする者をいい、しばしばアーティストとも呼ばれる。

 また、そのような作品の創作・製作者に限らず、美術的センスのもとに何らかの表現活動を行う専門家、あるいは美術品の研究にあたる者も美術家と呼ばれる。

 あるいは、美術品の研究にあたる者をも美術家と呼ぶことがあります。



 更に細かくは、彫刻や絵画、美術工芸品などの芸術作品の創作の仕事に従事するものを含めて美術家と呼ぶこともあります。

 これらのいわゆる美術家は、純粋な意味での美術家のほか、写真家とか映像撮影者とかデザイナーなどと呼ばれるのが普通です。

 また、学校教育において、生徒や学生に美術教育を行う者もまた美術家の類ですが、一般には絵画教師や美術教師などと呼ばれています。

美術品の創作者

 彫刻や絵画、美術工芸品などの芸術作品の創作の仕事をする者。

写真従事者

 肖像写真の撮影、焼付け、引き伸ばし、美術的加工などの仕事をする者。

映像製作者

 映画・テレビジョン用撮影機の操作の仕事に従事する者。

出版物製作者

 新聞や雑誌などの出版物用に事件や人物などの撮影や映像処理をする者。

製品の装飾活動者

 工業的又は商業的製品などの装飾に関する専門的な仕事をする者。




美術家の呼び名

〔美術家〕の呼び名の種類。

いろいろな呼び名

 美術家という言葉は、たとえば小説家や随筆家などが総称的に「文筆家」と呼ばれるのに対して、絵画や写真、映像などを創作する人たちを総称する言葉です。

 美術家を大きく分類すると、それぞれの美術家が何を目指すかによってもその呼称は異なる傾向にあります。

 最も単純な分類は、次の二つになります。

美術作品の創作を主眼とする者 美術作品を創作すること自体に誇りをもつ人たち。
生計を立てることを主眼とする者 生計を立てるために美術作品を創作する人たち。



美術家の分類

〔美術家〕には一体どのような種類があるのかの分類。

美術作品の創作を
主眼とする者

 美術品の創作者は、彫刻や絵画、美術工芸品などの芸術作品の創作の仕事をする者をいいます。結果的に作品を販売することで生計を維持しますが、作品の創作に主眼を置き、よい作品、後世に残る作品を創ることが人生だと考える人たちです。

美術作品の創作者
彫刻家  昔ながらの仏像彫刻などの製作
画家  日展での賞を目指したりする絵の描画
美術工芸作家  街並みに設置される銅像などの製作

 美術家の中で、石や木や金属、あるいは最近ではプラスティックなども含めた様々な素材を材料として、それを削り込んだり、加工させたりして、人々に感動を与えるような立体物にする人たちが、一般的い〔彫刻家〕と呼ばれています。

 これらの作品は、ひとつの物体だけで構成されることが多いものの、特定の空間内にさまざまな物体や彫刻などを配置して、空間そのものを一種の芸術作品として仕立てることもあります。

 画家は、絵を描くことに人生の全てをかけ、人々に感動を与える作品を残すような芸術家をいいます。

 名作として絵そのものが人々に感銘を与えるような、特定の画家も多数いて、大きな価値をもちます。一方で、たとえば洞窟壁画や古代ギリシャの遺跡に残された壁画、ポンペイの遺跡から発掘された壁画などは、その芸術性だけでなく、長い歴史の試練を生き抜いてきた作品であるが故に、人々を陶酔させずにはいません。

生計を立てることを
主眼とする者

 同じ美術作品の取扱者でも生計を立てるに主眼がある人たちです。

 生計に主眼を置いているとはいえ、それぞれの分野でよい仕事をすることに誇りを持ち、優れた腕前を持っている人たちも多数います。

美術家の職業人
写真従事者  肖像写真の撮影、焼付け、引き伸ばし、美術的加工などの仕事をする者
映像製作者  映画・テレビジョン用撮影機の操作の仕事に従事する者
出版物製作者  新聞や雑誌などの出版物用に事件や人物などの撮影や映像処理をする者
製品の装飾活動者  工業的又は商業的製品などの装飾に関する専門的な仕事をする者
美術教育者  学校教育において、生徒や学生に美術教育を行う者で絵画教師や美術教師など


ページのトップへ戻る