HOME 世界の偉人館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報
 
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
はひふへほ
 
〔へ〕で始まる世界の偉人

ヘーゲル
ベートーベン
ベーブ・ルース
ペトロ
ヘミングウェイ
ヘラクレイトス
ベル
ヘルマン・ヘッセ
ヘレン・ケラー
ヘンリー・フォード
扁鵲(へんじゃく)

〔ヘミングウェイ〕

 アーネスト・ミラー・ヘミングウェイは、アメリカの小説家・詩人である。

 彼の生み出した独特でシンプルな文体は、冒険的な生活や一般的なイメージとともに、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに多大な影響を与えた。

ヘミングウェイの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)

 ヘミングウェイは、ほとんどの作品を1920年代中期から1950年代中期に書き上げて、1954年にノーベル文学賞を受賞するに至った。

 彼は、6つの短編集を含めて7冊の小説と2冊のノンフィクション小説を出版した。3冊の小説、4つの短編集、3冊のノンフィクション小説が死後、発表された。これらはアメリカ文学の古典として考えられている。

 ヘミングウェイの長編小説の代表作には次のものがある。

『春の奔流』
『日はまた昇る』
『武器よさらば』
『持つと持たぬと』
『誰がために鐘は鳴る』
『河を渡って木立の中へ』
『老人と海』
『海流のなかの島々』
『エデンの園』
『ケニア』

 これらの他に無数の短編集などがある。(出典:ウイキペディア)



偉人のプロフィール

プロフィール
通称
本名
別名
称号
時代
生誕
死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業
分野
所属
業績
作品
受賞歴
名言
サイト
その他

ページのトップへ戻る


今日の運勢館おすすめおみくじ占い館


アマゾン商品


ヘミングウェイ短篇集 (ちくま文庫)
誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫)
われらの時代・男だけの世界 (新潮文庫―ヘミングウェイ全短編)
勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)
蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす―ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)

ページのトップへ戻る