HOME 世界の偉人館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報
 
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
はひふへほ
 
〔ひ〕で始まる世界の偉人

ピエール・カルダン
ピカソ
ピサロ
ビスマルク
ビゼー
ピタゴラス
ヒッチコック
ヒットラー
ヒッパルコス
ヒポクラテス
ビル・ゲイツ
ヒルベルト

〔ひ〕で始まる世界の偉人

 〔ひ〕で始まる偉人の人数は結構多く、次のような人たちがいます。

 ・ピカソ
 ・ビスマルク
 ・ピタゴラス
 ・ヒッチコック
 ・ヒットラー
 ・ビル・ゲイツ
 ・ヒルベルト

 この他にも、ピエール・カルダンやピサロ、ビゼー、ヒッパルコス、ヒポクラテスなどの偉人がいます。

 ピタゴラスは、古代ギリシアの数学者・哲学者で「サモスの賢人」「クロトンの哲学者」と呼ばれました。数学上の三平方の定理は「ピタゴラスの定理」として知られています。彼の数学や輪廻転生の思想は、後にプラトンにも大きな影響を与えました。

 ヒッチコックは、イギリスの映画監督・映画プロデューサーです。多くのスリラー映画で大成功し、「サスペンス映画の神様」とも呼ばれます。代表作に『レベッカ』『鳥』『裏窓』『サイコ』などがあります。

 ビル・ゲイツは、アメリカ合衆国の実業家でマイクロソフト社の共同創業者・元会長、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長です。初期のパソコン用BASIC言語の開発を行い、友人のアレンとともにマイクロソフト社を創業しました。その後、IBM社PC用のMS-DOSを開発してPC界で君臨するようになります。そのステータスは、その後のWindows時代でも継続しています。



〔ひ〕で始まる偉人概要


ピエール・カルダン

 ピエール・カルダンは、フランスのファッションデザイナーである。前衛的なスタイルでオートクチュールのブランドを立ち上げ、1960年代?1970年代に一世を風靡した。

 1950年、自らのアトリエを開始し、1953年にはオート・クチュールも始めた。アバンギャルドなスタイルで、宇宙時代的(コスモ・コール)なデザインで有名となる。幾何学模様や形を好み、女性的な形状を無視することも多かった。

 1959年には百貨店プランタン向けにプレタポルテのコレクションを発表し、新しい時代の流れをつくった。1971年には自らの作品を発表する場として、パリに「エスパス・カルダン」を開き、その他の芸術の発表の場にも使用した。

 1991年よりユネスコ親善大使として、チェルノブイリ被害者救済とその他の人道的プログラムにも尽力している。各国より数々の勲章等を受勲、日本では勲二等瑞宝章を受勲している。


ピカソ

 ピカソは、スペインのマラガ生まれフランスで活躍した画家・素描家・彫刻家。ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者とされる。

 生涯に非常に多くの作品を残し、その多さでギネスブックに記録されている。ピカソの作品は非常に特徴的だが、その作風は幾多に変化し、〔〇〇時代の作風〕などと呼ばれる。

 代表作に『ゲルニカ』『アヴィニョンの娘たち』『泣く女』『ヌード、観葉植物と胸像』などがある。


ピサロ

 フランシスコ・ピサロは、スペイン人のコンキスタドール。ペルーのインカ帝国を征服したである。

 カスティーリャ王国エストレマドゥーラのトルヒージョの生まれで、父はゴンサロ・ピサロ、母はフランシスカ・モラレス。父は軍人で小貴族、母は召使であったといわれる。教育されず、文字も知らないままで育った。

 1992年から2002年のユーロ導入までスペインで発行されていた最後の1000ペセタ紙幣の裏面に肖像が使用されていた。


ビスマルク

 ビスマルクは、プロイセン及びドイツの政治家、貴族である。プロイセン王国首相、北ドイツ連邦首相、ドイツ帝国首相を歴任した。ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相」の異名を取る。

 代議士・外交官を経て、1862年にプロイセン国王ヴィルヘルム1世からプロイセン首相に任命され、軍制改革を断行してドイツ統一戦争に乗り出した。

 1867年の普墺戦争の勝利で北ドイツ連邦を樹立し、ついで1871年の普仏戦争の勝利で南ドイツ諸国も取り込んだドイツ帝国を樹立した。プロイセン首相に加えてドイツ帝国首相も兼務し、1890年に失脚するまで強力にドイツを指導した。


ビゼー

 ジョルジュ・ビゼーは、19世紀フランスの作曲家である。

 ビゼーは、オペラやオペレッタ、劇付随音楽、管弦楽曲、合唱曲、ピアノ曲、歌曲などの分野で多くの作品を残している。

 代表作には、『カルメン』『アルルの女』『真珠採り』『小さな木の実』などがある。


ピタゴラス

 ピタゴラスは、古代ギリシアの数学者・哲学者であり、「サモスの賢人」とか「クロトンの哲学者」とも呼ばれた。

 彼は、幾何学における〔ピタゴラスの定理〕で極めて有名である。

 彼の数学や輪廻転生についての思想はプラトンにも大きな影響を与えた。

 しかし、ピタゴラス自身が書いた著作物はまったく残っておらず、弟子や後世の研究者が記述した伝記など間接的情報のみで構成されている。


ヒッチコック

 ヒッチコックは、イギリスの映画監督、映画プロデューサーである。

 1939年からはおもにアメリカで活躍した。スリラー映画で成功し、製作・脚本・編集・美術も手がけた。サスペンス映画の神様とも称される。アカデミー賞、他多数の賞をノミネート、受賞している。

 代表作には、『北北西(冒険スリラー)』や『サイコ(心理サスペンス)』『鳥(ショッカー)』『裏窓(定点サスペンス)』『めまい』などがある。


ヒットラー

 ヒトラーは、オーストリア及びドイツ国の政治家、軍人、画家である。指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。

 国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP)党首として1933年にドイツ首相に就任。翌年、ヒンデンブルク大統領の死去に伴い、国民投票を経て「指導者(フューラー)兼首相」として国家元首の座に就く。この地位を日本語では慣例的に「総統」と呼んでいる。

 彼が政権にあった時期のドイツを指して「ナチス・ドイツ」「ドイツ第三帝国」と呼ぶことがある(第三帝国については第一は神聖ローマ帝国、第二はドイツ帝国の事を指す)。

 後、1945年4月30日に赤軍攻囲下のベルリンで自殺するまでその地位にあった。


ヒッパルコス

 ヒッパルコスは、古代ギリシアの天文学者で、現代にすべてつながる46星座を決定した。しかし、著書が現存せず、どのような説を唱えたのかははっきりしない。

 トレミーの48星座とかみのけ座の合わせて49星座を決定したのもヒッパルコスだとされるが、はっきりと分かっている業績は、46星座の決定のみである。

 クラウディオス・プトレマイオスの『アルマゲスト』で、最も引用回数の多いのがヒッパルコスであることから、天動説を含む古代の天文学の体系を成立させたのはヒッパルコスであるという説があり、広く支持されている。

 ヒッパルコスは、春分点歳差を発見した。また、彼は、注意深い観測によって、古代ギリシャ天文学に幾何学的データを導入した。

 それは発展して、彼が観測した天体の運動を説明し、彼の天文学的な趣味・姿勢・教養は、そのあと三世紀ものあいだ影響を与え続けたとされる。


ヒポクラテス

 ヒポクラテスは、古代ギリシアの医者である。ヒポクラテスの最も重要な功績のひとつに、医学を原始的な迷信や呪術から切り離し、臨床と観察を重んじる経験科学へと発展させたことが挙げられる。

 さらに医師の倫理性と客観性について『誓い』と題した文章が全集に収められ、現在でも『ヒポクラテスの誓い』として受け継がれている。

 病気は4種類の体液の混合に変調が生じた時に起こるという四体液説を唱えた。

 また人間のおかれた環境(自然環境、政治的環境)が健康に及ぼす影響についても先駆的な著作を残している。

 これらヒポクラテスの功績は古代ローマの医学者ガレノスを経て後の西洋医学に大きな影響を与えたことから、ヒポクラテスは 〔医学の父〕〔医聖〕〔疫学の祖〕などと呼ばれる。


ビル・ゲイツ

 ビル・ゲイツは、アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者であり、マイクロソフト社の共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長である。

 カスケード・インベストメント共同創業者兼CEO兼会長、コービス共同創業者兼CEO兼会長、bgC3共同創業者兼主任、マイクロソフトリサーチ共同創業者兼会長、テラパワー株主、ResearchGate共同創業者兼名誉理事長でもある。

 称号はイギリス女王より名誉騎士(名誉大英勲章ナイト・コマンダー)、早稲田大学及び立教大学より名誉博士を贈られている。

 シルバー・バッファロー章、アメリカ国家技術賞、メアリー・ウッダード・ラスカー公益事業賞、en:Jefferson Awards for Public Service、en:The Tech Awardsも贈られている。


ヒルベルト

 ヒルベルトは、ドイツの数学者で、「現代数学の父」と呼ばれる。彼の研究対象は、不変式論、抽象代数学、代数的整数論、積分方程式、幾何学の公理系の研究、一般相対性理論など非常に多岐にわたり、その業績は極めて大きい。

 彼の公理論と数学の無矛盾性の証明に関する計画はヒルベルト・プログラムと呼ばれる。その他ヒルベルト空間、ヒルベルトの零点定理などに名前が残っている。

 ヒルベルトは、1900年のパリにおける国際数学者会議において「ヒルベルトの23の問題」を発表した。

 多くの数学者がこの問題に取り組むこととなり、彼の講演は20世紀の数学の方向性を形作るものになった。

 その中には、リーマン仮説など現在も未解決の問題もある。また、代数幾何の基礎づけの問題のように、どのような解決をすればよいかの指針がないようなものもある。


今日の運勢館おすすめおみくじ占い館


アマゾン商品


ヒルベルト――現代数学の巨峰 (岩波現代文庫)
ポルピュリオス『ピタゴラスの生涯』―付録:黄金の詩
ヒポクラテスの西洋医学序説 (地球人ライブラリー (026))
鮮烈・ビスマルク革命―構造改革の先駆者/外交の魔術師
今、ふたたびの京都―東山魁夷を訪ね、川端康成に触れる旅

ページのトップへ戻る