HOME 今日の運勢館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報
 
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
たちつてと
 
〔と〕で始まる世界の偉人

ド・ゴール大統領
ド・モアブル
ド・モルガン
トーマス・マン
ドガ
ドストエフスキー
ドップラー
ドビュッシー
ドボルザーク
トマス・アクィナス
ドラクロワ
トリチェリ
トルーマン大統領
トルストイ
ドルトン
ドレイク
トロツキー

〔トーマス・マン〕

 パウル・トーマス・マンはドイツの小説家である。

 リューベックの富裕な商家に生まれる。当初は実科を学んだが処女小説『転落』が認められて文筆を志し、1901年に自身の一族の歴史をモデルとした長編『ブッデンブローク家の人々』で名声を得る。

トーマス・マンの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)

 その後市民生活と芸術との相克をテーマにした『トーニオ・クレーガー』『ヴェニスに死す』などの芸術家小説や教養小説の傑作『魔の山』を発表し、1929年にノーベル文学賞を受賞した。

 1933年にナチスが政権を握ると亡命し、スイスやアメリカ合衆国で生活しながら、聖書の一節を膨大な長編小説に仕立てた『ヨセフとその兄弟』、ゲーテに範を求めた『ワイマルのロッテ』『ファウストゥス博士』などを発表する。

 終戦後もドイツに戻ることなく国外で過ごしたが、『ドイツとドイツ人』などの一連のエッセイや講演でドイツの文化に対する自問を続けた。

 兄ハインリヒ・マン、長男クラウス・マンも著名な作家である。



偉人のプロフィール

プロフィール
通称
本名
別名
称号
時代
生誕
死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業
分野
所属
業績
作品
受賞歴
名言
サイト
その他

ページのトップへ戻る


今日の運勢館おすすめおみくじ占い館


アマゾン商品


三島由紀夫とトーマス・マン
トーマス・マン日記―1937‐1939
トーマス・マンの青春―全初期短編小説を読む
詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈上〉 (光文社古典新訳文庫)
講演集 リヒァルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大 他一篇 (岩波文庫)

ページのトップへ戻る